ホワイトニング|成田市・富里市 歯科|いとう歯科クリニック

24時間WEB予約受付

訪問診療

ホワイトニングでは「生まれつき黄ばみが強い」「抗生物質の副作用で起きた変色」「高齢化による変色」といった類の歯質内部の色素を分解し、さらに歯の表面に付着した頑固なステインまでもマイルドに分解します。 歯の内部から外側まで「丸洗い」することで歯の美しい白さを甦らせることも、今まで以上の白さを創造することも可能になりました。 

オフィスホワイトニング (歯科医院で先生が行うホワイトニング)



※施術時間:1~2時間 持続性:2年程度
歯の表面に薬剤を塗り、光やレーザーを当てて、歯の表面を白くしていきます。歯の質によっては、若干は白濁した仕上がりになったり、元の色に戻るのが早い場合もありますが、短期間の通院で完了する事や歯科医院の下で行えることから、日本では希望する人の多いホワイトニング方法です。
最新鋭の可視光線照射器-ビヨンドシステム-

ビヨンドシステムオフィスホワイトニング・システムとして日本でNo.1の導入実績をもつホワイトニングです。歯の表面に過酸化水素を原材料としたホワイトニング剤を塗り、それを活性化させる「光」を使用します(ビヨンドライト)。

過酸化水素は「光」によって効果的に働きます。つまり、光をあてることによって短時間でホワイトニングすることができるのです。同じ薬剤を同じ時間使用したとしても光をあてないのとあてるのではその効果は3倍違ってくるといわれています。しかし、光であれば何でもよいというわけではありません。光には様々な種類があり、光によっての効果やリスクも異なります。特に光には強い発熱があるため、この熱が歯を痛める可能性が十分に考えられます。安全な光を選ぶ必要性があるのです。

ビヨンドライトは、ホワイトニング用に開発され、150Wのハロゲン光を光源としており約1.6kmの特殊フィルターで熱を吸収しているので、照射口から出る発熱を極限まで抑えています。歯髄への安全性を追求したライトです。一部のオフィスホワイトニングで使用されているような、紫外線や高温の刺激の強い光は使用しません。

ホワイトニングの先進国であるアメリカでは、すでに数百万人もの方がビヨンドシステムで歯のホワイトニングをしています。実績と信頼のあるホワイトニングシステムです。


ホームホワイトニング (自宅で好きな時間に行えるホワイトニング)



※施術時間:14日間 持続性:2~3年程度
歯科医師の指導を受けながら、自分で自宅で行っていただく方法です。ひとりひとり、自分の歯型にあったトレー(薄く、柔らかいマウスピース)を歯科医師に作ってもらいます。そのトレーの中に、薬剤(ホワイトニングジェル)を注入し、それに歯に装着し、寝ている間、薬剤を作用させ、歯を白くします。通常、3~4週間ほど毎日実行します。効果につきましては、個人差があります。
厚生労働省認定のホワイトニング剤-ナイトホワイト-

ビヨンドシステム

ナイトホワイトシステムはアメリカで最もポピュラーなホワイトニング材で、着色歯面の改善を短期間で安全にかつ効果的に行うことができます。

このシステムは日本で初めて厚生労働省の認可を受けたシステムで、『白くきれいな歯』への意識の高い審美歯科の先進国アメリカで、歯科医師からだけでなく患者からも圧倒的な支持を得ている最もシェア率の高い製品です。

歯科医師により作製されたマウストレーにNITEホワイト・エクセルのジェルを用いて使用します。

1日2時間使用することにより、素晴らしい効果を得ることができます。個人差にもよりますが、2週間で輝く白い歯になります。



歯のマニキュア

急な予定が入り、当日までに歯を白くしたいとき、繰り返し行うことで効果が得られるホワイトニングでは間に合いません。そんな時は、もっと手軽に、もっと早く歯を白くできる歯のマニキュアがお勧めです。
歯のマニキュアは銀歯を詰める前の仮歯などにも使われる歯科用プラスチックなので、歯を削ったり脱色したりする必要はありません。歯科医院専用の歯のマニキュアは、市販のものに比べてムラが少なく、白さが持続しやすいです。一時的な白さを得たいという人は是非ご相談ください。
※効果には個人差があります。継続的な白さを得たい方はホワイトニングをご提案いたします。

歯のクリーニング

紅茶やコーヒーの成分などによる歯の汚れをとり、本来の歯の色に戻す治療です。プラークの付着、虫歯、歯肉炎の発生を抑えることで、歯科疾患の予防にもなります。初期虫歯への再石灰化促進、カルシウム補給、歯肉炎の抑制の効果もあります。
24時間WEB予約受付
最新歯科機器CEREC
一般歯科
歯の根の治療(根管治療)
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
ホワイトニング
歯周病治療
口腔外科
予防歯科
訪問診療
ドクターブログ
診察時間
ケータイサイト