一般歯科|成田市・富里市 歯科|いとう歯科クリニック

24時間WEB予約受付

一般歯科

虫歯の進行が進み、神経まで達してしまうと神経を取って根の治療をすることになります。根管治療はどこの歯科医院でも頻繁に行われる治療ですが、歯内療法専門医が存在するほど難しい治療の一つです。その理由の一つは、根管は複雑な構造にも関わらず、直接見ることができず、治療は手探りであることや、目に見えない細菌を除去しなければならない事があります。

また、根管治療は深い虫歯などで歯の神経を取ったあと神経が入っていた根管をきれいにして、根の先まで薬を入れます。歯の根は後で被せ物を入れる際、土台となる大事な部分ですので、しっかり処置をしなければなりません。適切な根管治療がされていない歯は長く持たず、後々に根尖性歯周炎になり、根の先端が化膿したり、痛みがでるからです。

マイクロスコープによる治療

根管治療は小さな歯、そしてその中に通っているさらに小さな歯の神経、血管等、細かなミクロの治療です。根管は人それぞれで、湾曲していたり、複雑に枝分かれしていたりもします。また、大臼歯などでは根管は3本、4本、と複数あり、そのすべてに完全な治療を行わなくてはなりません。この細かく複雑な根管内に神経組織や細菌が残ってしまうと、時間をかけ細菌が増殖し、骨の中に膿が溜まって歯茎が腫れたりする恐れもあり、大変難易度の高い治療方法なのです。

当院では、より精密な治療をおこなうために、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入した治療を行っています。マイクロスコープを使用するメリットは肉眼では見えない部分まで拡大して確認できるため、精密な治療ができ、歯質の除去を最小限にとどめながら正確に処置できる点です。その他に歯周ポケットの測定や歯石の発見や歯周病治療にも役立ちます。より精密で正確な治療を行う事で、これまでは抜歯せざるを得なかったというような症例でも治療が可能になるケースもあります。ぜひ一度ご相談ください。

ラバーダムについて

ラバーダムは、治療中に根管内に細菌が進入するのを防ぐために非常に重要です。治療の際に使用する薬液から粘膜を保護したり、リーマー、ファイルの誤飲・誤嚥防止にも役立ちます。

そのほか、治療効率の向上、医療事故防止にも役立っています。より確実な判断と治療を可能にし、治療の質を向上させるだけでなく、マイクロスコープとの併用により以前では「抜歯」と判断されていた治療困難な歯を残すことも不可能ではなくなりました。

しかし、ラバーダム装着には手間がかかるだけでなく技術も必要なため、これらを導入した医院はまだまだ多いとは言えません。当院ではより精密で、歯を残すことを主眼に入れた治療を行うために根管治療の際にはラバーダムを使用するようにしています。

24時間WEB予約受付
最新歯科機器CEREC
一般歯科
歯の根の治療(根管治療)
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
ホワイトニング
歯周病治療
口腔外科
予防歯科
訪問診療
ドクターブログ
診察時間
ケータイサイト