歯周病治療|成田市・富里市 歯科|いとう歯科クリニック

24時間WEB予約受付

歯周病治療

歯周病とは歯についた歯石や歯垢(歯周病菌)が原因となって歯ぐきや、歯の周りの骨に炎症をおこす病気です。30代以上の日本人成人の8割がかかっているといわれる、いわば「歯の成人病」ともいえる病気です。若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。

歯周病が怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みなどの自覚症状がなく、知らず知らずのうちに進行してしまうという点です。そのため、気付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いのです。

歯周病の進行

歯周病になると、歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の隙間に細菌が増え、歯槽骨を吸収していきます。やがて歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。

歯周病には大きく分けて歯肉炎と呼ばれる状態と、歯周炎と呼ばれる2種類の時期があります。歯肉炎までの状態であれば、大抵の場合において、原因となっている細菌(歯垢と歯石)を除去し、丁寧にブラッシングをすれば治ります。しかしながら歯周炎まで症状が進行してしまい、重度の状態になると、抜歯せざるを得ない場合があります。 歯周病は初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。歯の喪失の原因となり、歯ぎしりがあるとさらに悪化して進行が速まります。歯ぎしりと歯周病が予防できれば、その副作用で起こるお口の病気も予防ができます。

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法は進行度合いによって異なります。基本的には正しいブラッシング法の指導や生活習慣の改善などが挙げられます。

軽度の歯周病の場合
歯ぐきをきれいにし(歯石などを取る)、正しいブラッシングをすることで治すことが出来ます。また抗生物質等の薬を投与することもあります。

中程度の歯周病の場合
歯石を取り除き、歯を一時的に固定してブラッシング、薬の投与で治すようにします。最初に悪くなった歯肉を切り取ってしまうこともあります。ただし、炎症がおさまっても、このころは歯を支えている歯槽骨というところが溶けだしていますので、ぐらつきが残ってしまうことがあります。そのような場合は、最終的な支えを取り付けて固定します。

重度の歯周病の場合
歯石の除去やブラッシング等によっても改善されない重度の場合は外科的処置が必要となります。例えば、歯ぐきを切り開いて人工の膜を入れ、溶けだしてしまった歯槽骨を再生する方法などがあります。

デンタルテン

当院では、ご自分の歯の状況を知ることで自然と毎日のケアもしっかりと行えるよう「お口の健康手帳(デンタルテン)」をお渡ししています。

歯の汚れ具合や歯茎の状態、歯の状態など患者さまのお口の中を詳しく拝見し、状態を記録する表になっています。データに基づいた治療計画をたてお口の状態をご説明します。虫歯や歯周病の予防にもつながり、改善も一目瞭然で判断できるでしょう。 当院では、皆様の歯の健康を一緒になって考えていきます!
24時間WEB予約受付
最新歯科機器CEREC
一般歯科
歯の根の治療(根管治療)
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
ホワイトニング
歯周病治療
口腔外科
予防歯科
訪問診療
ドクターブログ
診察時間
ケータイサイト